このブログで皆様の行きたいパワースポットが見つかることをお祈りしております。
皆様によきことが雪崩のごとく起きますように。



芽吹神社60%.jpg
日本橋のパワースポット 芽吹神社です









2015年07月05日

徳川家康公没後400年記念 徳川家最強のパワースポット

皆様、夏休みはどう過されるか決まりましたか。
今年は徳川家康公没後400年目にあやかって、全国各地で催しものがされております。東京、京都、福岡では、徳川家康没後400年記念 特別展 『大関ヶ原展』、駿府では天下泰平祭り、久能山ガイドと行く家康公の墓参り ご利益ツアー&イベントなる催しもされているようです。

そんな徳川家康公没後400年にあやかって、今年一番の注目のパワースポットは久能山東照宮と、日光東照宮が注目されるのは間違いなしです。

日光東照宮はこのブログでも以前紹介したので省略します。日光東照宮の他にも、6月には水芭蕉が見られる戦場ヶ原や、夏は涼しい華厳の滝、中禅寺湖、濃くておいし牛乳の光徳牧場など楽しめるポットがたくさんです。
夏休みのパワースポット:日光東照宮

さて、久能山東照宮には私も行ったことが無いのですが、久能山と言えばイチゴですね。その徳川家康公の霊廟が、この久能山東照宮にあるわけです。

久能山東照宮のある場所は元々武田信玄が気づいた山城があった場所で、武田信玄を尊敬していた徳川家康が自らの墓所に指定したという話です。東照宮といえば、世界遺産の日光が有名ですが、久能山東照宮は家康が最初に埋葬された「元祖」東照宮です。ちなみに国宝です。
ロープウェイで行けば5分で山上へ着きますが、長い長い石段を登って、社殿をめざすからこそ、ご利益があるというもの。(石段は1159段あるそうで、「いちいちごくろーさん」からきてるとか)

久能山東照宮の御利益ですが、徳川家康公にあやかって
勝負運アップ。
出世運アップ。
地位向上運アップ。
といわれています。
また、表参道石段が気の通り道になっているため、ここから駿河湾を眺めるとご利益があることや、霊廟の前がパワーが強いとも言われてますので是非行ってみてください。


家康公の遺体は、「遺体は久能山に納め、一周忌が過ぎたならば、日光山に小さな堂を建てて勧請し、神として祀ること」という遺言により一周忌後の元和3年(1617年)、下野国日光に改葬されたと伝わっております。徳川家康の遺骸が久能山東照宮にあるか、日光東照宮にあるかという議論はされますが、 久能山の神廟も日光の奥宮も、これまで発掘調査は行われていないそうです。いずれにせよ、御霊は久能山と日光にあり、人々を見守っていることでしょう。


徳川家の霊廟は増上寺、寛永寺にもあって時々一般公開しております。ブログランキングに投票
posted by せこ吉 at 02:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京以外のパワースポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月31日

言霊とSNS

今日は、「言霊」と「情報の選択」について、お話しさせていただきたいと思います。


「言霊」って聞いたことがある方もいると思いますが、日本には古来、言葉に魂が宿るという考えがあり、言葉には、それを発する人の、エネルギーも含まれています。その言葉の通りのことが、悪いこと、良いことにかかわらず、実現するエネルギーを持つということです。



また、私たちの日常は今、テレビやインターネットなど、様々なメディアから絶え間なく流される、大量の情報で、常に溢れかえっています。

そして、多くの人は、
その大量の情報を、ただシャワーのように浴びるばかりで、知らず知らずのうちに、自分自身のマインドに、大きな影響を受けています。つまり、情報から何らかのエネルギーを受けているということです。



また、Facebook、ミクシーのようなソーシャルネットワークもテレビと同様に、瞬時に、世界中のたくさんの人と繋がりが持て、様々な情報をシェアすることができるSNSは、コミュニケーションツールとしては、非常に素晴らしいものです。

しかし、コミュニケーションのツールだったSNSがいつの間にか、
誰かと繋がりが持てることに、安心感を見出し、まるで中毒のように、SNSをやらないと落ち着かない人が多いのも事実です。
フェイスブックやミクシーをやらなけらば、仲間はずれになってしまうような、漠然とした不安が、そこにはあるような気がします。

SNSは、多くの人が情報を、思いのまま、発信できるメリットもあるのですが、
そこには、発信する側の、様々な感情が含まれています。

喜びだけではなく、
怒りだったり、妬みだったり、不安だったり、あなたはそれらを、無作為に受け取っているわけです。私はこれってまさに「言霊」と同じだと考えています。


このブログ読まれている方々は、
パワースポットや神社が好きな方たちなので、
おそらく、人より、感受性の強い人が多いのではないでしょうか。
ある意味、非常に繊細な人が多いと思います。

つまり、他人の感情の影響を、非常に受けやすい人だと思いますので、より注意が必要です。


だから、たかがSNSと思って読んでいるものが、実は様々なエネルギーを発しています。
これって、私は「言霊」と同じと考えています。


もし、あなたが、SNSをやっていて、SNSの「言霊」の影響を受けたり、エネルギーを吸い取られて疲れてしまうことがあるなら、SNSをやらないという選択だってあります。
あなたは、常に、情報を選択する自由があるはずです。

神社や、パワースポットのように心地よさとエネルギーを感じられるものを、選択する自由があるのです。



私のSNSの利用は、ラインで気の合った友人とお話する程度ですね。ブログランキングに投票

posted by せこ吉 at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | パワースポットの楽しみ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月31日

波動を潜在意識に刷り込んで自分を変えるパワースポット

今回は神社寺院など、パワースポットと開運のつながりについて書きます。

神社などに行くと大抵の人は、「心地よい」「安らか」「厳粛」といった感じがしますね。これは自分の周波数が神社の周波数に同調して、自分の周波数に変化させることによって感じるのだとと思っています。つまり、パワースポットの周波数と自分の周波数が繋がりを持ち始めるのですね。

つまり、自分に神社などのパワースポットの心地よいパワーを引き寄せることによって、好転し始めるのです。


だから、パワースポットに行って、金運が付いた、恋人ができた、仕事が見つかった、願が叶った と言うのは、パワースポットで受けた良い波動に、あなた自身が同調して、その波動を維持したから、同じ波動のものを引き寄せたとか、開運したという結果になったわけです。


しかしですね・・・・

そのいい波動でいられる状態というのは、一時的で、すぐにまた低い波動の自分に戻ってしまうのですよ。大抵の場合は・・・・


もし、自分のいい波動の状態から元の波動に戻ってしまったなと思ったら、またお気に入りの近所のパワースポットに足を運んで、また、良い波動の自分に戻してあげてください。

そして、何度もパワースポットに足を運んでいるうちに、その波動が表面だけでなく、心の底からわかるようになるわけですね。つまり、頭ではなく、身体が覚え始め、潜在意識に刷り込まれて初めて、良い波動の自分に変われるわけです。


つまり、開運って、外側の状況が問題なのではなく、自分の在り方が大切なのですね。ただ、自分で努力して自分のあり方を変えるのでは何をしたらよいのかわからない、雲をつかむような状態です。だから神社などのパワースポットは、楽して自分のあり方を変えて、開運できる場所なのですよ。


あなたもお気に入りのパワースポットを見つけて、「心地よい」状態を何度も刷り込んで潜在意識から変わるまで通い続けてみてください。きっと、開運に一歩近づいている自分に気づいているはずです。



そろそろ桜の季節ですね。花見がてらに神社に行ってみたら心地良いですね・・・・ ブログランキングに投票

posted by せこ吉 at 01:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | パワースポットの楽しみ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする