このブログで皆様の行きたいパワースポットが見つかることをお祈りしております。
皆様によきことが雪崩のごとく起きますように。



芽吹神社60%.jpg
日本橋のパワースポット 芽吹神社です









2016年04月30日

苦手な人、嫌いな人と人間関係をよくする方法。

人間関係について書いてみたいと思います。
私はサラリーマンをており、毎日東京のオフィスまで1時間以上かけて通っております。職場にはイロイロなタイプの人がいて、仲の良い人もいますが、どうしても苦手なタイプ、嫌いなタイプの人が2、3人程度おります。
あなたの職場にも、苦手なタイプの人、嫌いなタイプの人が2、3人くらいはいるのではないでしょうか?

苦手な人、嫌いな人には余計にパワーを使い、その名の通り「気=パワー」を使う困った存在。逆パワースポットです。今回は逆パワースポットの苦手な人、嫌いな人とうまくいく方法を書いちゃいます。

簡単な方法なのです。
まず、あなたの嫌いな人、3人の名前を紙に書いて下さい。

そして、なぜ嫌いなのかその理由を書いて見て下さい。
不潔とか容姿がイヤ、生理的に受け付けないというのはナシです。

私がこのセッションを行った時、嫌いな人の理由は

・知ったかぶりをする。
・話の最中に、口を挟んでくる。
・最後まで話を聞かない。
・空返事をする。
・自分が正しいと思っている。
・いつもイライラしている。 でした。
・よく話さずに結論を出そうとする。

上記のように、一人に対して3つぐらい理由を書いて見て下さい。苦手な人、嫌いな人が3人以上、理由が3つより多い方は3つ以上ある方は、あるだけ書いてください。
・・・・・・
・・・・
・・・
・・


さて、苦手な人、嫌いな人が3人、理由がそれぞれ3つ程度あれば、合計9の理由が箇条書きされているはずです。
この理由を読んで何か気が付いたことありませんか?

私は、嫌いな人の理由を書いていて、ハッとしました。
なぜかというと、
全部、私のことだからです。

自分も同じだから、ぶつかって自分の思い通りにならなくてイライラするわけです。
嫌いな人、苦手な人を含めて、他人は変えようとしても絶対に変わらないので、自分自信の意識を変えるしかないです。似ているのだから、しょうがないと割り切って、「ふ〜ん」と聞いていれば気になりません。


読者:今回の記事はパワースポットと何か関係あるの? 私:う〜ん 一応逆パワースポット。ブログランキングに投票


posted by せこ吉 at 18:28 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月03日

節分、豆まき、恵方巻き 2013年

東京のパワースポット@せこ吉でございます。
遅くなりましたが、今日は節分なのですね。今日は恵方巻き食べて、豆まきです。私も近所の横浜のスーパーに行って恵方巻きを買いました。東京都内デパート地下の恵方巻きのコーナーは行列が出来ていましたね。


過去記事です
節分、豆まき、恵方巻き
節分、豆まき、恵方巻き2009
節分、豆まき、恵方巻き2010
節分、豆まき、恵方巻き2011 

節分や恵方巻きの意味は過去記事を参考にしてくだいさい。ここで紹介した東京都内の神社仏閣のパワースポットでも、節分会という行事が催されており、芸能人や相撲取りなどが餅まきをやったり致しますのでぜひ参加してください。

2013年の恵方は南南東ですね。南南東に向かって正座して、1年の願いことをしながら恵方巻きを食べましょう。恵方巻きの味をかみしめて、既その願いが叶ったつもりの幸せな気分に浸りながら食べましょう。大事なところは、一度食べ始めたら食べ終わるまで一言もしゃべってはいけません。


恵方巻風のお菓子(ケーキ)が売られており「恵方ロール」と称してました。この方がお子様に喜ばれるかもしれません。私が行った東京都内のデパートにもありましたよ。

甘いロールを食べながら、幸せな気分に浸って、恋愛成就を願うといいかもしれませんね・・・・ ブログランキングに投票
posted by せこ吉 at 14:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月23日

小林正観さん永眠

2011年10月12日小林正観さんが62歳で永眠いたしました。本当に残念な方をなくされました。小林正観さんを知らない方のために簡単に紹介します。


小林正観さんは人間の潜在能力やESP現象について研究されている方で、宗教家ではありません。内容としては、ついてる神社の斎藤一人さんに通じる所はあるのですが、人間の生き方について公演をしており、本やCDも販売されています。その公演の数ですが、なんと年間300回を超えるとか・・・・本当にすごい方です。


私が小林正観に興味を持ったのは10年以上前で、その頃は、「駆け込み寺のような所でセミナーを開いて、多くの人に説法をして救ってきた人」として初めて知りました。時には、酒ばかり飲んで働かない昭和のお父ちゃんに泣かされる奥様とか、引きこもりで外に出られない子供を持つ両親、商売に失敗して夜逃げした夫婦など多くの人を説法で救って来たそうです。今では、「嬉い」「楽しい」「幸せ」と人に喜ばれる存在になろうと唱え、その頭文字をとった「うたし会」を主宰して、自己啓発のセミナー、著書の執筆などを勢力的に行なっていたと思っていた矢先に、訃報を聞きたいへん驚いております。


「トイレの神様」の話も有名にしたのは小林正観さんだと思います。トイレの神様って植村花菜の歌じゃないですよ。トイレをきれに掃除すると、お金持ちになれるという話です。(この話はまたの機会にしましょう)。小林正観さんの話は、お金と向き合って人生を考えるという本の執筆も、私が知る中では、小林正観さんが初めてです。

小林正観さんによれば、この世には宇宙の法則というものが存在し、それを研究するのが仕事だと考えているようです。宇宙の法則の一つは、「ありがとう」を言い続けると楽しいことが起きることです。
私もできるだけ、「ありがとう」ということを実践しています。時間が開いたときに、ただ「ありがとう」と言っているだけです。1日、1000回は言います。これだけで、本当に楽しいことが起こるので、ぜひあなたも実践してみてください。小林正観さんは「ありがとう」を現在3000万回(げげ!)ほど言っておられるそうです。


Webで検索したところ、小林正観さんの辞世の句が紹介されていました。


   「わが形見 高き青空 掃いた雲
              星の夜空に 陽に月に」


この、辞世の句を見た時、良寛和尚の謳を思い出しました。
 
「形見とて 何か残さむ 春は花 
           山ほととぎす 秋はもみじ葉」

良寛和尚というのは、江戸時代の曹洞宗の和尚さんで、難しい説法を民衆に対しては行わず、自らの質素な生活を示す事や、簡単な言葉によって一般庶民に解り易く仏法を説いたお坊さんです。


小林正観さんも、良寛さんの話しを度々紹介していました。正観さんの本に、良寛和尚が晩年に、周りの人から形見が欲しいと言われて、上の辞世の句を読んだそうです。


正観さん、辞世の句をしっかり受け取りました。


小林正観の代表的な本です。この3冊がおすすめです。



小林正観さんありがとうございます、ありがとうございます、ありがとうございます。ブログランキングに投票
posted by せこ吉 at 16:49 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月02日

曼珠沙華(彼岸花)

東京のパワースポット@せこ吉でございます。先日、川の土手を歩いていると、曼珠沙華(彼岸花)が咲いておりました。そろそろ曼珠沙華(彼岸花)が咲き始める頃かなと思いました。このころになると、東京都内でもアゲハチョウが数多く発生しては綺麗な個体もいて楽しませてくれます。私の住んでいる横浜は、人口が多い割には自然が多く残っており、パワースポットと同じで車でちょっと走るだけで美しい自然を楽しむことが出来ます。


曼珠沙華(彼岸花)2
Yahoo画像からコピーさせていただきました。著作者の方、気になるのでしたら削除いたします。


私が子供のころ、この曼珠沙華が近所にさいており、1本摘んでおばあちゃんに見せました。おばあちゃんはあまりうれしそうな顔はせずにこういいました。「これは彼岸花と言って、死んだ人の霊がお彼岸に帰ってくるんだよ。だから摘んだらいけないよ。」と言っておりました。

「この花はもうひとつの名前があって、曼珠沙華と言うんだよ。お釈迦様があるとき指を切って、その地がしみてその後に生えてきたんだよ。だから曼珠沙華は尊い人の血の色をしてるんだよ。だから、摘んだりするとバチがあたるよ。」と言われました。

子供心になんだか摘んだら良くないということが分かった私はその後曼珠沙華を摘んだことはありませんが、おばあちゃんの言い伝えにも科学的な根拠があるようです。
曼珠沙華にはリコリンという名前の有毒なアルカロイドが含まれているそうです。 特に根の部分に多く含まれていて、食べたりすると、激しいおう吐と胃が強烈に痛みだし、頭痛とめまいを引き起こすそうです。まあ、昔の人のことですから、バチが当たると言い伝えたのでしょうね。


また、私のおばあちゃんは「お盆に虫を採っちゃいけない」と教えてくれたこともありました。お盆に虫を採った私は見事にバチが当たりましたが、曼珠沙華の時は運良くバチは当たりませんでした。私がパワースポットなどに興味を持ち始めたのはおばあちゃんの影響でしょう。



お散歩ついでにきれいな花でも見に行ってください・・・・ ブログランキングに投票

posted by せこ吉 at 19:49 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月28日

上野の西郷さんはなぜ犬を連れているか?

その昔、徳川家康が江戸(東京)に幕府を開きましたが、江戸城築城の際に風水に基づいて江戸の町を作っており、現在の東京は巨大なパワースポット都市であることは以前紹介しました。

1月3日のたけしの教科書に載らない日本のなぞ〜篤姫はなぜ上野の山に眠るのか〜


徳川家康は江戸の繁栄を願って、風水に基いて設計され町並みが整えられました。風水で言う「鬼門」が上野の寛永寺、「裏鬼門」が芝の増上寺と言われています。東京をパワースポット都市ができるのに大きな役割を果たしたといえる、伝統のお寺です。

この増上寺から鬼門の北東に向けて直前上にお寺や神社がずらりと並んでいます。つまり、不吉とされている鬼門の方角を寺や神社で潰しているんです。


このような仕掛けの他にも帝都東京を守るために、別の風水的仕掛けがネットで流れていたので紹介します。

山手線の円形の端と端には渋谷駅と上野駅がありますが、この二つの駅には非常に有名な銅像があります。渋谷はハチ公像、上野は西郷像。なぜ渋谷も上野も、犬が銅像にされているのでしょうか?

上野の西郷さんの銅像を作成したのは高村光雲で、猟犬を連れて(名前をツンというらしい)兎狩りに行く様子なのだそうです。西郷さんは脇差を刺し、兎を狩る罠を持っているところだそうです。しかし、何で兎狩?

東京 上野の西郷隆盛像も犬を連れていますが、生前の写真をみても、西郷さんが犬を連れているものは無いいそうです。

実は、東京の皇居を中心とした端(渋谷)と端(上野)に犬を置くことによって、よく神社などにある狛犬の代わりとなっているという説があるんです。 つまり、パワースポット都市 東京はは二つの犬によって守られているのですね。



東京の元気が無いのでいろいろ調べてみました。今こそ東京のパワー強化だ ブログランキングに投票

posted by せこ吉 at 12:05 | Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月02日

初詣は横浜のパワースポット師岡熊野神社へ

あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いいたします。

今年も例の如く師岡熊野神社に初詣に行ってまいりました。

今年ひいたおみくじは「吉」でした。 去年よりよい年のようです。

昨年は何と「凶」。
師岡熊野神社は初詣で凶が出ると、お守りをくれます。 運がいいのだかわいるのだか・・・


今年も皆様に良いことが雪崩の如く起きますように。


★★★ ランキングが上がるのを楽しみにしてがんばっています。 以下のリンクをポチッとお願いしますm(_ _)m↓ ★★★

占い・鑑定ランキングに投票

posted by せこ吉 at 22:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

パワースポットって流行っているの?

先日、車を運転しながらラジオを聞いていると、女の子がパワースポットについて話していた。

「パワースポットって言うのは、この地球上にある生命のエネルギーが集まっている場所で・・・」と明るい声でしゃべっておりました。

うれしいです!
パワースポットとは、私のような変わった趣味を持っているいい年のおっさんが、散歩のように楽しむところだと思っていたのに。 なんか若者と共通の話題ができたみたいです。 (って、本当におっさんくさいです)

皇居とか、明治神宮とか神田明神とか有名どころに行くのもいいですが、みなさの近所にもパワースポットを見つけることができます。
たとえば、せこ吉の家の近所の師岡熊野神社とかね。

今後、パワースポットの見つけ方についても書きますので楽しみにしていてください。 書き込みも歓迎です。(と、なれなれしい私)


★★★ ランキングが上がるのを楽しみにしてがんばっています。 以下のリンクをポチッとお願いしますm(_ _)m↓ ★★★

占い・鑑定ランキングに投票



posted by せこ吉 at 01:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月25日

怪談 汗旅館

夏ですね。 夏といえば怪談です。(強印!) 今回はパワースポットと関係あるかどうか・・・

昔、友人5人と一緒に温泉旅行に行きました。 山間の古い温泉街で、見た目は普通の温泉街です。 そこで泊まった旅館なのですが、古い木造の民宿で、民宿にしては外湯、内湯がちゃんとついている、見た目はごく普通の旅館でした。

我々は、普通に温泉に入って、食事を済ませ飲んでいましたが、夜もふけたので床につきました。


民宿ですので、日本風のお布団を並べて寝るスタイルです。 広めの部屋だったので、6人が一列になって寝ていました・・・・・  が、周りが寝静まっているのに、その中の一人が夜中にうなされているのです。  特に、暑くて寝苦しわけでもないのですが、一人が「うーん、うーん」とうなされています。

私は寝つきがいい方なのですが、その友人がうなされているのはさすがに気づいて夜中に起こされました。 もちろん、その他の友人も気づいていましたが、うるさいながらもお酒のせいもあり、そのまま寝なおしてしまいました。

朝起きて、そのうなされていた友人を見ると、汗びっしょりかいてます。 それが、信じられないくらいびっしょりで浴衣が肌に張り付くほどで、布団もおもらししたかの様に濡れています。  別に友人はどこも悪かったわけではなく、少し疲れたようでしたが、特に何事もなかったようです。


昨夜は暗くてよくわかりませんでしたが、ふと気がつくと、旅館の中に貼られているお札の数が多いのです。 隣の部屋に1枚、廊下に1枚、自分の部屋に一枚・・・・と。
そのお札の並びを直線で結ぶと・・・・・・・・


なんと、その交差する場所がその友人の寝ている場所でした。


このことは旅館のおばさんに文句を言ったところ、昔からその位置にお札が貼られており、旅館に泊まった他のお客さんも同じようにうなされて、汗びっしょりかいたことがあるそうです。


一応、文句は言いましたが、友人の被害も汗をかいたくらいですし、おばさんもすみませんと言うくらいでした。

しかも、
汗でびっしょりになった布団は洗濯に出さなければならないので、洗濯代を請求されてしまいました。 だって、お札がならんだせいで、汗だくになるなんて科学的にあり得ませんからね。  かわいそうな友人でした。


★★★ ランキングが上がるのを楽しみにしてがんばっています。 以下のリンクをポチッとお願いしますm(_ _)m↓ ★★★

占い・鑑定ランキングに投票
タグ:怪談 旅館 お札
posted by せこ吉 at 00:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月31日

横浜のパワースポット:師岡熊野神社

横浜のパワースポット 師岡熊野神社に行ってきました。
ここは、私の家から比較的近い所にある神社で、よく行く神社です。


まず、神社の正面の「いの池」に行きます。ここの弁天様にお参りします。


次に、鳥居をくぐって階段を上り本殿へ向かいます。 この階段を上がって行くにしたがい空気の違いを感じてください。 上に行くほど気を張った厳格な空気になるのがわかると思います。


いつものように、お清めをして、本殿でお参りをしました。
神聖で厳格な空気は相変わらずです。 ここはいつまでもこんな空気の神社でいてほしいと思っています。


最後におみくじです。 おみくじを引く必要はありませんが、私はいつもおみくじを引いて運気を確かめることにしています。


パワースポットは皆さんの近くにも必ずあるはずです。 何時間もかけて神社や寺院にお参りに行かなくても、見つけることができるはずです。 大切なのは通うことです。 何か、いやなことや行き詰まりを感じた時には近所のパワースポットに行って気持ちをリセットしましょう。 


パワースポットは決してスピリチュアルな特別なものではないのですよ。


★★★ ランキングが上がるのを楽しみにしてがんばっています。 以下のリンクをポチッとお願いしますm(_ _)m↓ ★★★

占い・鑑定ランキングに投票

posted by せこ吉 at 12:19 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

弁天様の本家は?

「東京のパワースポット」に質問がきました。

「弁天様の本家はどこですか」・・・・・

弁天様はですね。 日本人ではなのですよ。 七福神はいろいろな国の神様が混ざってできた日本古来の神様です。 確か弁天様はインド人でそのほか毘沙門天様がインド人だと記憶しております。 その他、中国の神様、日本の神様が集まったいわば多国籍軍(?)なのです。


弁天様で歴史のあるところは、鶴岡八幡宮の弁天様が関東では最古の弁天様だと記憶しております。
また、日本三大弁才天と称される弁天様が祭られている神社がありまして、神奈川県江の島・江島神社、滋賀県竹生島・宝厳寺、広島県宮島・大願寺があります。 どれも海や湖に面していましてこれは弁財天がインドの河神から来ていることに由来するそうです。


桜木 雪さん これで回答になっていますか?


★★★ ランキングが上がるのを楽しみにしてがんばっています。 以下のリンクをポチッとお願いしますm(_ _)m↓ ★★★

占い・鑑定ランキングに投票
posted by せこ吉 at 00:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月31日

風林火山

NHK大河ドラマの風林火山が最終回となりました。 毎週楽しみに見ていたのですが、非常に残念です。 
武田信玄ゆかりのお寺や神社が見てみたくなったので調べてみました。


武田神社
甲斐の名将・武田信玄公をまつった神社で、大正8年(1919)に創建されました。この地は、元来、武田氏三代が63年に渡り国政を執った由緒ある「つつじヶ崎」の館跡で、国の史跡に指定されています。つつじヶ崎の館は戦国大名の館としては全国最大規模を誇るものです。菱和殿(りょうわでん)の天井画には、山梨県内で見られる草木・禽獣(きんじゅう)やキノコが描かれ、幽玄な世界を醸し出しています。

武田神社


甲斐善光寺
信玄公によって創建された甲斐の名刹。信玄公は、長野善光寺が川中島の戦いで戦火に遭うのを心配して、本尊の阿弥陀如来をはじめ諸仏や寺宝類を甲府に移しました。武田氏の滅亡以後も徳川家康らの手厚い保護を受けてきました。本堂と山門は国の重要文化財になっています。撞木(しゅもく)造りの本堂は、東西約38m、南北約23m、高さ約26mもある堂々としたもので、東日本最大級の木造建築物です。

甲斐善光寺


積翠寺
境内の巨石から泉が湧き出ていたことで、石水寺と呼ばれていましたが、後に積翠寺と改められました。信虎夫人がこの寺で信玄公を産んだといわれ、現在も産湯をくんだ井戸や産湯天神が残っています。信玄公はこの寺で和漢連句の会を開き、その記録が残されています。

信玄公墓
信玄公の遺体を火葬した場所だといわれ、火葬塚とも呼ばれています。
 信玄公の墓はこのほか、山梨県内では大泉寺、恵林寺、長野県の諏訪湖、長岳寺と竜雲寺、和歌山県高野山、愛知県福田寺、京都の妙心寺など全国にあります。
 これは信玄公が遺言によって、喪を3年間秘めていたことや万一の外敵を恐れて、埋葬地を秘密にしていた結果ともみられています。

長い文章でおつかれさま。 占い・鑑定ランキングに投票 ぽちっと

大泉寺
大永元年(1521)、武田信虎が天桂禅長を開山として建てた寺で、信虎の菩提寺です。
 天正2年(1574)3月、信虎が信州で没した時、その遺骸を国元に送り、ここに埋葬されました。
 この寺も戦災のため、法堂、庫裡などを焼失しましたが、幸い、武田3代の霊廟、総門、宝蔵は火をまぬがれ、霊廟には信虎・信玄・勝頼3代の肖像が安置されています。

大泉寺

恵林寺
武田信玄公墓所・・・1573年、53歳で亡くなった信玄公はここに眠っています。以来、命日の四月十二日には毎年供養が行われており、
武田家家臣の墓約七十基も信玄公をお慕いするごとく墓所後陣に並んでいます
恵林寺四脚門  臨済宗妙心寺派の寺で、元徳二年(1330)二階堂貞藤が夢窓国師を招いて開創。名高い禅僧が次々に入山し、甲斐に文化の向上をもたらした。桃山期の四脚門は重要文化財。
 武田信玄の菩提寺であったが、天正十年(1582)武田氏滅亡の折、織田信長に焼かれ全てが灰に。そのとき、炎上する三門楼上で快川国師は有名な「安禅不必須山水、滅却心頭火自(あんぜんかならずしもさんすいをもちいずしんとうめっきゃくすればひもおのずからすずし)」のを唱え、寺と運命を共にしました。

恵林寺


なんか長くなりましたので失礼します。
posted by せこ吉 at 12:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月23日

お詫び

前回、前々回の記事ですが、全く無関係のジャンルの方にトラックバックを送付してしまいました。 興味の無いトラックバックが送付されてきた皆様、大変ご迷惑おかけしました。


「送付したよう」というのは、トラックバックホームページから関連HPのトラックバック先を探したつもりが、全く関係ないジャンルにトラックバックを送付してしまったようです。


以後、気をつけて行動するよう注意いたします。


せこ吉





posted by せこ吉 at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月23日

横浜パワースポット:師岡熊野神社 お便り

先日、横浜市港北区の師岡熊野神社に行った日記を紹介したとろ、読者の陽一様より下記のようなお便りをいただきました。 

「こんにちは!!今日昼間また師岡熊野神社に行って来ました。なにかイベントみたいな事をやっておられました。早速せこ吉さんに教えてもらったご本殿裏の「の」の池に行って来ました。あそこは何か空気が違いますね。「神域につき立ち入り禁止」になっていまいした。自分でも何かすごいパワーを感じました。 逆に「い」の池は・・・・」

近くにお住まいの方だとおもいますが、陽一さんはこのブログを読んで実際に師岡熊野神社にいかれたようです。 


正直言って・・・・

感動です!

読者のみなさまにこのブログを見ていただいて、実際にパワースポットを体感していただくことが目標なので大変うれしいです。 
これからも東京、関東を中心に日本のパワースポットを紹介していこうと想います。

★★★ ランキングが上がるのを楽しみにして頑張ってます。 以下のリンクをポチッとお願いしますm(_ _)m↓ ★★★

占い・鑑定ランキングに投票




posted by せこ吉 at 18:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

東京パワースポット:浅草寺ほうずき市

ニュースを見て思い出しましたが、7月9日、10日は浅草 浅草寺のほおずき市があるのですね。

こういうお祭りの時ってその神社やお寺のパワーが高いときが多いんです。
行きたいのはやまやまですが、お仕事がね。
どなたか、近くにお勤め、お住まいの方は是非行ってみてください。

------以下、毎日新聞からの引用しました-----------------------
ほおずき市 夏の風物詩、浅草寺で始まる 東京・台東区

東京・下町の夏の風物詩「ほおずき市」が9日、東京都台東区の浅草寺で始まった。10日まで。境内には、よしず張りのほおずき屋約200店が軒を連ね、高さ40センチほどに育ち大きな実をつけた鉢植えが並んだ。約10万鉢が用意され、例年より実が大粒で、色づきも良いという。
 10日は古くから「四万六千日(しまんろくせんにち)」と呼ばれ、同寺に参詣すれば4万6000日お参りした人と同じ功徳を得られるという言い伝えがある。【吉永磨美】
---------------------------------------------------------
↑この四万六千日の言い伝え私は信じますよ。

posted by せこ吉 at 19:41 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

中国のパワースポット

上海に行ってきました。

行く前まで、全然知りませんでしたが、上海って東京よりすごい都市かもしれません。何がすごいって、町の規模、ビルの高さ、人の多さどれをとってもすごいです。
町の規模ですが、広大な農地を都市として開発したため、大規模な箱モノが集中して立てられております。
ビルの高さですが、50階、60階建てのビルが何件も立ち並んでます。サンシャイン60クラスのビルが並んでます。
人の多さですが、東京は人がゴミゴミしてますが、上海は人がうじゃうじゃしてるといった感じでした。

で、肝心の上海のパワースポットですが・・・・・

寺院は全く見当たりませんでした。 お仕事の合間に寺院を探す時間もありませんでした。 ただ、街の活気や景気のよさは歩いてるだけで伝わって着ました。 街全体からパワーを感じるパワースポットでした。

といったところで勘弁してください。

posted by せこ吉 at 23:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

出張

突然ですが、中国に1週間出張に行ってきます。
いいパワースポットあるかな?!
わくわく
posted by せこ吉 at 20:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月19日

歓喜神社

最近、家内と喧嘩しまして、少し落ち込んでます。

夫婦円満のご利益がある神社を探していたら・・・

ありました。 

歓喜神社です。 場所は和歌山県西牟婁郡・・・・ちょっと遠いですが、まあいいとしましょう。

歓喜神社


「結婚数年、お互いに家族になってしまい、緊張感が薄れたご夫婦是非お参りしていただきたい神社です。」とあります。 これって、いわゆる「夫婦生活」の御祈願のようです

1300年前、祭祀遺跡に刻まれていた男女陰陽のレリーフが刻まれた岩座がご神体になっているそうで、写真を見るとドキっとするほどリアルな形状です。(ここにはちょっと乗せられません! ごめんなさい)
子宝祈願もできますので、不妊に悩むご夫婦にも、お参りをおすすめしたいそうです。

パワースポットであるかどうかは私も行ったことが無いので分かりませんが、夫婦円満を願うこと自体が大切だと思います。 もちろん、御祈願に行くことも大切ですけど。

この神社はすぐにはいけないので、今日はその代わりちょっとフンパツして外食でもしようかな。 私のおごりで。

夫婦仲良く末永く暮らせますように。



posted by せこ吉 at 09:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月02日

師岡熊野神社に行ってきました

元旦に大倉山の師岡熊野神社に初詣に行ってきました。

が・・・

神社に着くと・・・・
人、人、ヒトの列です。


列の最後尾に並んだら参拝まで1時間以上かかりそうだったんです。

あきらめて引き返して来ました。 

いつからこんなに有名なパワースポットになったんだー

って

みんな初詣が目的で、別の目的で来ているのはお前だけだよー

大切なのは1年に1回でいいから初詣の機会でも利用してパワースポットに行ってみることだと思います。 神社がそこに立てられているのはそれなりの理由があるからです。 
posted by せこ吉 at 22:26 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする