このブログで皆様の行きたいパワースポットが見つかることをお祈りしております。
皆様によきことが雪崩のごとく起きますように。



芽吹神社60%.jpg
日本橋のパワースポット 芽吹神社です









2008年06月07日

神社にお参りの作法

神社にお参りを勧めていますが、お参りの作法について紹介します。

まず神社を訪れた時、神聖な神社の敷地に入る一番初めの鳥居の前で服を整えて一礼します。


そして参道を歩いて拝殿に向かうわけですが、参道を歩くときは真ん中避けて参道の端を歩きましょう。



鳥居をくぐると、御手洗があります。 お参りに前に手水舎で手を清めましょう。



手の清め方ですが、
1.右手で柄杓(ひしゃく)を取ります。

2.水盤の水を汲み上げ、左手にかけて洗います。

3.柄杓を左手に持ちかえ、水を汲み上げ右手を洗います。

4.再び柄杓を右手に持ちかえて、左の手のひらに水を受けて溜めます。

5.口をすすぎます。柄杓に直接口をつけないようにしましょう。静かにすすぎ終わって、 水をもう1度左手に流します。

6.最後に柄杓を立てて、残っている水を流しながら、柄の部分を洗うように心がけ、伏せてもとの位置に戻します。



さて、手も清めたところで参拝です。

基本は2礼・2拍・合掌・1礼です。

1.神前に至り、お賽銭をあげます。(お賽銭はご利益があると5円にすることが多いですが、基本は白い玉、一円・五十円・百円玉です)

2.二礼(2回ていねいに、お辞儀をします)

3.二拍手(二つ手を打ち合わせます)

4.合掌し心の中で「祓(はら)い給え 浄(きよ)め給え 神ながら くしみたま 幸(さきわ)え給え」と三回となえます。
  お参りできたことに感謝をして、住所氏名を名乗り終わります。

5.一拝(一度、お辞儀をします)


それと、願いがかなったら、お礼参りに行くことが基本です。後でお礼に行かれない神社での参拝でしたらお願い事はしないことがいいでしょう。 お参りに来られたことに感謝しましょう。



★★★ ランキングが上がるのを楽しみにしてがんばっています。 以下のリンクをポチッとお願いしますm(_ _)m↓ ★★★

占い・鑑定ランキングに投票
タグ:お参り 作法
posted by せこ吉 at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 真面目な話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック