このブログで皆様の行きたいパワースポットが見つかることをお祈りしております。
皆様によきことが雪崩のごとく起きますように。



芽吹神社60%.jpg
日本橋のパワースポット 芽吹神社です









2016年09月19日

芽吹神社(福徳神社)三井不動産で神様が出てくる神社

最近日本橋COREDO室町の近くに用事がありまして、この近くを通ったところ、なんか見たことのある神社を見かけました。

IMG_0684.JPG

IMG_0682.JPG

三井不動産のCMでやっていた、都会のど真ん中で神様がでてくる神社ですね。このCMの出てくる神社はどこかと思っていたのですが、こんなところにあるとは・・・
早速お参りしてきました。



この神社、CMのノボリには福徳神社とありますが、別名芽吹神社と申します。

主祭神は以下の通りです。
倉稲魂命〈うかのみたまのみこと〉
… 五穀主宰の神。日本書紀では倉稲魂命、古事記では宇迦之御魂神と表記する。
相殿
天穂日命〈あめのほひのみこと〉
 … 天孫降臨に先立ち大国主命と和す。
大己貴命〈おおむなちのみこと〉
 … 出雲の首長である大国主命の若い頃の名前。
   大国主の命は多くの別名を持つが、これは神徳の高さを現している。
少名彦命〈すくなひこなのみこと〉
 … 医薬・温泉・酒造の神。武将の崇敬あつし。
事代主命〈ことしろぬしのみこと〉
 …大国主命の子物事よく知る神。国土経営に努む。
三穂津媛命〈みほつひめのみこと〉

福徳神社は東京・日本橋室町にあり、いつ創建されたのかははっきりしてないそうですが、貞観年間(今から1100年くらい前)にはその辺りに鎮座しており、江戸城を造ったことでおなじみの太田道灌や、江戸幕府初代将軍の徳川家もお参りに訪れた、歴史のある神社です。
 ところが、三井不動産が室町地区の再開発をするにあたり、その一区画をあえてビルを建てず、神社と鎮守の杜を造って都会の中の癒しの空間として、福徳神社も再開発計画の一部に組み込んだそうです。COREDO室町など新しいビルが次々と建ちましたが、昨年の10月に、新しい境内と社殿を完成させ、さらに隣接地には「福徳の森」を造成するそうです。

江戸幕府2代将軍の徳川秀忠もこの神社にお参りに来て、その時「福徳とはまことにめでたい神号である」と言って褒め、椚(クヌギ)の皮つきの鳥居に春の若芽が萌え出たのを見て、この神社に「芽吹神社」と名付けられたそうです。
それにあやかって神社では「芽吹き守り」というのも授与されていて、CMでもあったように、新しい門出や新しいことを始める人のご利益になっているそうなのです。



私はこの2つのCMが大好きで、今も都会のど真ん中の、銀座、新宿、日本橋などのちょっと裏道に入ると多くの神社が見られるのですが、忙しい都会の神社にもこのCMのように、神様が私たちを見守ってくださっているのではないかと思ってます。


日本橋に行ったら、寄ってみてください。清潔で都会に溶け込んだ癒しの空間です。 ブログランキングに投票


posted by せこ吉 at 19:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | 東京のパワースポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。芽吹神社とはなんて清々しい名前でしょう!秀忠は武勇よりも感性の豊かな人だったのでしょうね。写真からも清らかな空気が漂ってくるようです。
Posted by アメジスト at 2016年09月28日 15:18
アメジストさん お久しぶりです。

芽吹神社は、日本橋室町の再開発地域のビルの間にあります。先日、リオオリンピックの凱旋パレードの終点くらいのところでしょうか。
出来たばかりで本当にきれいな神社です。日本橋に行ったら、一度立ち寄ってみてください。
ちなみに、地下は災害時の備蓄庫になっていて、有効利用されているそうです。 
ナイス、三井不動産! いい仕事してる。
Posted by せこ吉 at 2016年10月08日 11:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック