このブログで皆様の行きたいパワースポットが見つかることをお祈りしております。
皆様によきことが雪崩のごとく起きますように。



芽吹神社60%.jpg
日本橋のパワースポット 芽吹神社です









2015年11月03日

物が壊れたから厄が落ちたんだよ

物が壊れた時って、すごくショックですよね。
でも、そこには、何かしらの意味があったりします。

身の回りの物が続々と壊れだす現象として、よく言われているのが、 「開運の始まりのお知らせ」
「ネガティブなエネルギーから守られている」などがあります。


物が壊れたら自分の身代わりになってくれた。物が盗まれたり、事故にあったら、厄を落としてくれた。
自分が事故にあって、本当だったら大けがするところなのに、かすり傷ですんだ。いつもお財布に入れていた、身代わり地蔵が割れていた、なんて話をよく聞きますね。このように、自分の身の回りにもパワースポットや、気(パワー)の流れの変化がわかることがあります。


人生において悪いと思う辛い出来事は、一見、悪いことやツイテないことに思えたとしても最終的には振り返ると実は良いことの始まりだったりします。つまり、マイナス(−)のことが起きれば、プラス(+)が発生する。プラス(+)が発生すればマイナス(−)が発生する。そうやってバランスが取れています。

例えば、マイナス(−)なことが起きればプラス(+)が発生する例として
お腹がすけば(−)、ご飯が食べられる(+)
彼氏に振られたら(−)、新しい出会いがある(+)
お金が手元から離れたら(−)、お金が回って自分の手元に戻る(+)
株価が下がれば(−) 、株価が戻ってくる(+)

また、壊れるものについても、よく言われている原因について次のようなものがあります。
・電化製品が壊れた時:あなたが出す感情のエネルギーが強くて、機械がその波長に同調して、不調をきたした可能性があります。
・ブレスやネックレスのヒモが切れた時:これは何かしらのメッセージだったりします。
「完了」や「変化」「新しいスタート」を意味していたりします。
・身に着けているキーホルダーやお皿が割れてしまった時:あなたを守るために、身代わりになってくれた可能性があります。


実は、自分の身の回りに起きることはすべて綿密な計画の上に乗っていて、タイミングピッタリに物事が繰り広げられています。


花火大会は結構見ものです。ブログランキングに投票
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック