このブログで皆様の行きたいパワースポットが見つかることをお祈りしております。
皆様によきことが雪崩のごとく起きますように。



芽吹神社60%.jpg
日本橋のパワースポット 芽吹神社です









2015年08月13日

草津温泉 万病に効くパワースポット

夏休みを利用して草津温泉に行ってまいりました。
夏に温泉に入りに行くのはちょっと違うのではといわれそうですが、熱い夏こそ、熱い湯に入って汗をかいてイチゴ牛乳を飲む瞬間が格別です。


20150813草津 湯畑 (1).jpg
部屋から見た湯畑です。

20150813草津 湯畑 (2).jpg
近くで見ると硫黄がスゴイ

草津の町ですが、湯畑を中心として、周りに温泉宿や土産物屋が立ち並んでおりますが、今回はこの草津温泉街の中心の湯畑が見渡せる部屋に泊っちゃいました。海で言えばオーシャンビューが最高位で、草津は湯畑ビューが最高位ですな(きっと)。


草津の湯の特徴ですが、とにかく暑い湯が多いです。温泉の効果効能を損なわないために、水を極力入れないのですよ。だから草津温泉には「ゆもみ」というのがありまして、おねえさんが大きな湯もみの板をもってかき混ぜているあれです。これで、熱い湯を冷ましているのです。

また、草津の湯は万病に効果があって、昔から湯治場としても有名です。湯治の入り方で草津独特の入り方がありまして、時間湯ともうします。温泉の成分を出来る限り変化させずに入浴する為に「ゆもみ」を行い、湯長の号令で一斉に入浴し、3分間の入浴を行うそうなのですが、そのお湯というのが大体46〜48℃だそうです。 

上島龍平が「押すなよー」といいながら、入るお湯が大体50℃だそうですので、かなり熱いことがわかります。ホテルのお風呂に2つお風呂がございまして、大きなお風呂が普通の温度(ちょっと熱め)、小さなお風呂が熱いお風呂で、地元のお客さんの話によると普通が42℃程度で、熱いほうが46℃程度だそうです。 恐るべし地元の人! 体感で温度がわかるとは。この46℃の温泉ですが、全然入れません。入って10秒くらいしか我慢できません。 地元の人は46℃のお風呂にしばらく浸かっても1分くらい平気で入っております。不死身か地元の人は?!

ひとしきり温泉を楽しんだのですが、次の朝、な、な、なんとびっくり、靴擦れでただれていた足の皮がペロンとめくれて、つるつるきれいになっておりました。恐るべし草津温泉! 草津温泉は万病の湯といわれている意味がよくわかりました。

温泉と、パワースポットの関係ですが、風水で有名な李家幽竹先生も次のように言っております。
「パワースポットは、気のたまる大地のツボです 旅行風水でパワースポットに行くことは、その土地の生気を存分に吸収してくるための大切な行動。旅行先にパワースポットがあれば、ぜひ立ち寄ってみましょう。パワースポットに行くことで、通常の何十倍もの生気と運気を得て帰ることができるのです。 吉方位にただ出かけても、もちろん効果はありますが、温泉に入ることで、その効果は10倍にも増えてくれるのです。」(転記しました。出所はhttp://yuchiku-ps.jp/about/result.html



というわけで、温泉とパワースポットの組み合わせは最高です ブログランキングに投票
posted by せこ吉 at 17:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | 関東のパワースポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
せこ吉さん、すれ違いでしたね〜。私その一週間前に、多分近くの宿にいました(笑)。草津大好きで5回くらい行ってます。白根神社や日晃寺も素晴らしいパワースポットです。
Posted by アメジスト at 2015年09月21日 10:06
アメジストさん 久しぶりです。 お元気でした?

私は、今回の草津は2度目です。今回の草津は改めて感動しました。靴ずれで足の皮がボロボロ汚い状態だったのですが、温泉を楽しんだ次の日の朝に足の皮がべろべろむけて、つるんときれいになったのですよ。昔から万病の湯というのも本当ですね。アメジストさんが5回も行く理由がわかります。

白根神社や日晃寺は今回行かなかったのですが、湯畑から徒歩で行ける範囲ですね。夏なら浴衣を着て歩いて行けちゃいますね。今度草津に行った時には行ってみたいです。

書き込みありがとうございました。
Posted by せこ吉 at 2015年09月22日 17:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/424111005

この記事へのトラックバック