このブログで皆様の行きたいパワースポットが見つかることをお祈りしております。
皆様によきことが雪崩のごとく起きますように。



芽吹神社60%.jpg
日本橋のパワースポット 芽吹神社です









2014年11月24日

12月10日は 大宮氷川神社 十日市

突然ですが、12月10日は大宮氷川神社の十日市(とおかまち)が開催されます! 十日市とは武蔵一宮氷川神社の神事「大湯祭」にあわせて行われる伝統の酉の市で、毎年12月10日に開催されるため「十日市」(とおかまち)と呼ばれており、11月30日から12月9日までを前斎、12月10日を本祭、12月11日を後斎とした12日間に及ぶ長い祭典です。

「十日市」は「とおかまち」と読むので私も子供ころは「十日町」と信じておりました。私が育った大宮に鎮座する武蔵一宮氷川神社は、今ではパワースポットとしても有名でTVや雑誌で紹介されたりしています。私も地元に帰った時には、大宮氷川神社にお参りに行くのですが、自然と元気になれる気がします。

20141123大宮氷川神社十日市(さいたま市HP).jpg

12月10日の「十日市」は、氷川神社に向かう氷川参道に縁起物の熊手、招き猫、だるま、門松、鏡餅、羽子板、食べ物などの露店が、約1,300店も立ち並び、福をのぞむ人々で夜遅くまで賑わいます。

賑わいというのも結構な賑わいで、露店の立ち並ぶ参道が人ごみで通れないほどにぎわいます。子供のころの話ですが、終電の時間が過ぎてもにぎわっており、たぶん、昔は明け方まで商売しいていたのだと思います。座って飲食ができるテント屋台もありますので、露店で肴をつまみながら、熱燗で体を温められるのでしょうね。今もこの伝統(?)はまもられていることでしょう。

ちなみに、露店での熊手、だるま等の縁起物の買い方(値切り方)はここちら
「熊手、だるまの値切り方」
露店で買った破魔矢、熊手、羽子板等の縁起物の飾り方はこちら
「破魔矢、熊手の飾り方」

賑やかな市を抜けたら、神池にかかる赤い太鼓橋を渡り、ライトアップされた桜門から本殿に向かいます。「御札」と「福熊手」が授与(買うのですけど授与といいます)されるのが、10日0:00から23:00までです。


夜の屋台も、チョコバナナから、アユの塩焼きや、B級グルメの屋台まで立ち並んで、買い食いするだけで楽しいです。
昼間行くのでしたら、氷川神社に隣接した大宮公園に立ち寄るのも楽しいかもしれません。湖畔の木々が紅葉を迎えてきれいなころだと思います。

私は夜派ですので、肴を探して屋台めぐりですね。ブログランキングに投票

詳しいことは、下記にお問い合わせください。当日は交通規制がありますのでなるべく電車で行かれることをお勧めします。
主催(公社)さいたま観光国際協会
電話番号048-647-8339(土日祝日休 9:00〜17:45)
12月10日(水)
【交通規制】10:00〜22:00(氷川参道及び周辺道路)
・氷川参道一方通行規制 12/9 10:00〜12/10 10:00、12/10 22:00〜24:00
(県道さいたま・春日部線 氷川神社入口交差点から 氷川神社方面へ 産業道路 大宮公園入口交差点まで)
posted by せこ吉 at 03:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 関東のパワースポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/409459533

この記事へのトラックバック