このブログで皆様の行きたいパワースポットが見つかることをお祈りしております。
皆様によきことが雪崩のごとく起きますように。



芽吹神社60%.jpg
日本橋のパワースポット 芽吹神社です









2012年01月22日

破魔矢、熊手の飾り方

皆さん、初詣に行きましたか?今年も初詣の帰りに破魔矢を持っている方を多く見かけました。

そういえば、東京のパワースポットの過去の記事で、熊手やだるまの買い方酉の市について紹介しましたが、破魔矢の飾り方、熊手の飾り方について全く紹介しておりませんでした。値切り方、買い方について書いておきながら、飾り方について全く紹介しないのは無責任でした!
破魔矢、熊手を飾って自宅をパワースポットにしましょう。


破魔矢の飾り方がですが、
これについてはいろいろな説がありまして、恵方を向けるとか、2本用意して鬼門と裏鬼門の両方に向けて飾るとかいろいろ言われておりますが実際にはどの方角に向けたらいいのでしょうか?

私の祖父の家、や実家では神棚に起きます。矢尻を下に向けて、お札の隣に立てかけておくだけです。置く場所は説得力がありますが、何となく投げやりだったような・・・・と思って調べてみました。


良い記事が西野神社のHPにありました。
\\\\\\\\\\\西野神社のHPのコピーです。\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
お正月に神社に参拝した際に、破魔矢を受けられる方は多いことかと思います。破魔矢は正月の期間に社頭で頒布されている授与品の一つで、その年の干支の絵馬が付いたものがあるなど、一年間お飾りする縁起物となっています。
 破魔矢の由来は、破魔弓と一式になったものであり、全国各地に見られる年占の際におこなわれた弓射を起源にするものともいわれております。これは各地区ごとに弓射を競い、勝った方がその年の豊作に恵まれるというもので、作物の豊凶をトするためにおこなわれてきました。
 また、正月の男児の遊戯としても用いられていましたが、江戸時代以降、子供の成長の無事を祈る縁起物として、装飾を施した弓と矢が男児の初正月や初節供に贈られるようになりました(女児は羽子板)。その後、これが簡略化されて矢だけが魔除けとして、正月に神社で授けられるようになったと考えられます。 破魔矢はその名称の通り、魔を破り、災厄を祓う矢として信仰されています。上棟祭の折にも、鬼門の方角である東北と裏鬼門の方角である西南の方向に向けて、屋上に二張りの飾り矢を設けたり、鳴弦の儀と称して、神職が実際にこの方向に向けて弓射をおこなうのもこうしたことに基づくものです。
 しかし、破魔という字を充てたのは後世のことであり、本来「ハマ」とは弓射に用いた丸い的のことで、各地に濱井場(はまいば)という地名が残るのも初春に「ハマ」を射た場所であることを意味したものとする説なども有ります(柳田国男「濱弓考」)
 さて破魔矢の飾り方についてですが、神棚の上や床の間など清浄な場所に飾って戴ければ問題ありません。矢先の方角についても上棟祭の場合のように特に決められた方向はないかと思います。
神社新報 『神道いろは』より転載
平成十三年一月二十九日
第二五八六号
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

破魔矢の飾り方についてですが、神棚の上や床の間など清浄な場所に飾れば問題ないようです。上棟祭や地鎮祭の時は、鬼門の方角である東北と裏鬼門の方角である西南の方向に向けて、屋上に二張りの飾り矢を設けるそうです。矢先の方角についても上棟祭や地鎮祭の場合のような特定の神事以外の場合は向ける方向は特に気にしなくて良いようです。神棚に飾る場合は、矢先を下に向け、お神札と一緒にお祀り下さい。



次に熊手の由来ですが、
昔、各地の神社で行われていた収穫祭の露店では農具や地域の農産物が売られていたそうです。そこで売られている「熊手」は、落ち葉などを「掃き込む、かき込む」から運を「かっ込む」、福を「はき込む」と江戸っ子の洒落っ気を加えた縁起物へと変化たそうです。 その後、酉の市では売られる、商売繁盛、開運祈願の縁起物で飾られた縁起ものの熊手が売られるようになりました。「縁起熊手」は、縁起のよいもの、大判小判、七福神や宝船などを飾り付け、「金銀をかき集めて取り込む」お守りとして広まりました。熊手は益々の発展を願って、年々大きな熊手に換えていくのが良いといわれています。


私は熊手を買ったことがありませんが、祖父が商売をやっていたため酉の市で熊手を授与していただき(買うともいいます)、お店に飾っておりました。飾っていた位置はお客さんから見える高い位置に、熊手が南を向くように、熊手の周りの木に釘を打ちつけ、針金で留めておりました。


酉の市で授かった熊手は玄関や神棚に飾るのが一般的なようです。よく言われている飾り方は・・・・
熊手は神棚があれば神棚に飾るのが良いです。
もし、神棚が無ければ、リビングなど、人が多いところに飾るのが言いとされています。方角は東、南、西向きでかまいません。
東向きにすると、仕事運をかきこむ
南向きにすると、地位や名誉に関係する財産をかきこむ
西向きにすると、金運や財運をかきこむ
玄関に飾る場合は入り口に向けて目線より少し高いところに飾るのが正しいです。また、その年の恵方に向けると福をかき込むと言われていります。


さて、2012年の恵方ですが・・・・・・・
・・・
・・

北北西・・・・・


うーん、なんか微妙な方角なので、東、南、西いずれに飾ってもいいのではないでしょうか。


破魔矢も熊手も飾り方は難しく考えないほうがよさそうです・・・・ ブログランキングに投票

東京のパワースポットトップへ
この記事へのコメント
今晩は顔1(うれしいカオ)昨日念願がんの奥沢神社に行って来ました。おごそかな神社ですね。鳥居大蛇のしめ縄?がお詣りした時かなりビリビリ感じました手(チョキ)
Posted by ひらかた at 2012年01月31日 01:07
ひらかたさま 書き込みありがとうございます。

奥沢神社に行かれましたか。
それは良かった。本当に厳かな神社です。私は初めて行った時には鳥居に鎮座する大蛇様に圧倒されました。見た目も気も強い神社ですね。

その後夕方に行ったのですが(たぶん平日)門が閉まっておりました。たぶん私有地なのでしょう。遅い時間に行くときは気をつけてください(会社帰りに行くのは私だけ?)
Posted by せこ吉 at 2012年02月08日 22:42
我が家には神棚が無く、破魔矢の祀り方に悩んでましたが、解決しました!!! ありがとうございます。
Posted by まみ at 2013年01月07日 18:08
まみさん 書き込みありがとうございます。

お役にたてて嬉しいです。ついでですが熊手や破魔矢は古くなったり壊れてたりしたら、お焚きといって、正月に神社に返すことになってます(つまり、燃やすのです)。
また、気が向いたら書き込みしてください。
Posted by せこ吉 at 2013年01月13日 23:35
お正月に初詣に行って熊手を買ってきたのですが、机の上の壁にセロテープで張り付けてます。セロテープで止めて問題ないですか。
Posted by なつ at 2014年01月08日 23:33
なつさん

書き込みありがとうございます。私の祖父は針金で熊手を固定して、針金の両端を柱や桟に打ち受けた釘に固定しておりました。お札もセロテープで張りつけて問題ありません。熊手に直接を打ったりしなけれ問題ないと思います。
Posted by せこ吉 at 2014年01月15日 22:52
初詣で破魔矢が欲しくなって買ったのですが、飾り方がわかりませんでした。掃除して清潔なところに矢じりを下にして飾ります。 ありがとうございました。
Posted by TT at 2015年01月03日 15:44
TTさん ありがとうございました。

破魔矢を飾る場所について、方角を気にする前に清潔で掃除の行き届いた場所に飾るというのが大切です。

なかなか、家に神棚がある家庭は少なくなってますし、家族が集まって、掃除の行き届いた場所を「神様の居場所」と決めて清潔に保てば良いのだと思ってます。




Posted by せこ吉 at 2015年01月18日 02:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック