このブログで皆様の行きたいパワースポットが見つかることをお祈りしております。
皆様によきことが雪崩のごとく起きますように。



芽吹神社60%.jpg
日本橋のパワースポット 芽吹神社です









2014年12月31日

初詣 パワースポットランキング 2015年

2015年の初詣のパワースポットランキングですが、三が日の人出は下記のようになっていました。(括弧内は2013年以前のランキングです) 。東京のパワースポットに限らず、全国の神社仏閣が対象になっています。

2014年の三が日の人出ランキングは下記のようになっていました。(括弧内は過去のランキングです) 。東京のパワースポットに限らず、全国の神社仏閣が対象になっています。

1位 明治神宮  316万人 (2013年1位)(2012年1位)(2011年1位)(2010年1位)
2位 成田山新勝寺  302万人 (2013年2位)(2012年2位)(2011年2位)(2010年2位)
3位 川崎大師 平間寺 300万人 (2013年3位)(2012年3位) (2011年3位)(2010年3位)
4位 浅草 浅草寺 283万人 (2013年4位)(2012年4位)(2011年5位)(2010年6位)
5位 伏見稲荷大社 270万人 (2013年5位)(2012年5位)(2011年4位)(2010年4位)
6位 鶴岡八幡宮 255万人 (2013年6位)(2012年7位)(2011年7位)(2010年7位)
6位 住吉大社 235万人  (2013年6位)(2012年6位)(2011年6位)(2010年5位)
8位 熱田神宮 230万人 (2013年8位) (2012年8位)(2011年8位)(2010年8位)
9位 大宮氷川神社 215万人 (2013年9位)(2012年9位) (2011年9位)(2010年9位)
10位 大宰府天満宮 200万人  (2013年10位)(2012年10位)(2011年10位)(2010年10位)


昨年の結果は以下のようでした、ここ数年の日本の初詣の人でランキングはここ数年変わっていないようです。
初詣パワースポットランキング2014年
初詣パワースポットランキング2013年

さて、今年はアベノミクスで沸いている日本経済を祈願して、東京の金運のパワースポットを紹介いたします。今回はオフィス街にあって、まず、正月に初詣には誰も来ないような場所にあります。
人ごみに紛れて初詣に行くよりも、ガラガラに空いている神社に行けば、神様の目に留まることは間違いなしです。

人形町 小網神社
東京メトロ人形町から5分の距離にある神社です。日本橋にも近いオフィス街の一角にある小さな神社で、本当に人が数人しか入れないスペースです。私が行ったときには以外と多くの人が来ており、小さい神社の割に人があふれている印象がありました。参拝者はスーツ姿のサラリーマンであったり、私服のおばちゃんだったり、近所のオフィスや住人から愛されている神社なのでしょう。

小網神社は、強運厄除け、そして弁財天が祀られていることから財運にご利益があるといわれています。境内には小さな銭洗いの井があり、ここで金銭を清め、それを財布などに納めておくと福徳を授かるとのこと。

また、太平洋戦争で氏子さんが戦地へ赴くことになったそうです。氏子さんがとその近所のお仲間は小網神社の御守をもって出征しましたが、全員生還したというエピソードもあるそうです、東京大空襲の際も、奇跡的に戦災を免れたという大変強運な神社だそうな。


赤坂豊川稲荷 融通稲荷尊天
東京メトロ『赤坂見附』、『永田町』駅より徒歩5分の距離にあります。
赤坂豊川稲荷の中にあります。 赤坂豊川稲荷は比較的大きなお寺なのですが、この中に小さな祠に財宝を生む尊天様が祀られており、真心を込めて信心すると、開運招福、金銀財宝の融通を叶えられるといわれています。

このお寺には本殿のほかに、社がいくつかあるのですが、社の中に黄色い小袋がずらりと並んでおります。このコブクロは、金運アップを望む人たちに尊天さまが融通してくれる「融通金」といわれていいて、お財布の中に大事にしまっておくと財運がアップといわれています。

融通金は誰でも無料でいただけるそうですが(お賽銭は必要です)、一年後に礼金を奉納することになっているそうです。つまり、金運を授かった人は、再びここに訪れて、今度はお賽銭を弾まなくちゃいけないわけですね。

このお寺には融通稲荷尊天のほかに
禍事災難除けの守護神が祀られている叶稲荷。
子宝をさずかるといわれている「子宝観音菩薩像」
身代わり地蔵
七福神
などもありますので、ご利益に合わせてお参拝してください。


初詣は神様に1年のお礼を忘れずに。 ブログランキングに投票
posted by せこ吉 at 16:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | パワースポットの楽しみ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする