このブログで皆様の行きたいパワースポットが見つかることをお祈りしております。
皆様によきことが雪崩のごとく起きますように。



芽吹神社60%.jpg
日本橋のパワースポット 芽吹神社です









2013年11月30日

稲佐の浜 平成25年は出雲大社 「平成の大遷宮」の日本一のパワースポット

11月の神在月に出雲大社に参拝に行ってまいりました。

出雲大社に参拝に行く前にお勧めの場所があります。出雲大社から1キロほど離れた場所に「稲佐の浜」というところがございまして、この「稲佐の浜」の砂を持ち帰り、出雲大社の本殿の裏にある素鵞社に収め、代わりに素鵞社で清められた「清めの砂」を持ち帰るとご利益があるそうです。

これは行かねば・・・・・

私はレンタカーを借りていたので、「稲佐の浜」にはレンタカーで行きましたが、「出雲大社」から徒歩でも15分程度の距離です。徒歩ではちょっとありますが、女性でも行ける距離でしょう。 夏は海水浴場になるそうで、自動車の方も駐車スペース(無料でした)があります。

P1000406.JPG
これ、普通のデジカメで撮りました。きれいですよね。被写体自体がきれいなのですよ。美人を撮ると美人に映るのと同じ原理です^^)



この稲佐の浜は、国譲りの神話の舞台ともなった場所で、白砂の浜辺に大きな岩が立ち、その上に社が立っているのが目印です。

高天原から降った建御雷命と大国主神が、国譲りの相談をしたといわれております。旧暦10月の神在月(今の11月)には、全国の神々がこの浜から出雲へ集合するといわれ、この「稲佐の浜」に降り立った後に、出雲大社に向かうといわれています。ここで毎年11月5日に行われる神迎えの神事により、「稲佐の浜」に神様が集合するわけです。


P1000405.JPG

日本の渚百選に選ばれた砂浜だそうで、細かい白砂がきれいな浜です。白砂の浜に、大岩が不自然に置かれたような光景は、まるで神様が大岩を一掴み置いたようなそんな印象を受けました。本当に非常に美しい浜です。この、大岩は弁天島といい、写真のように鳥居があります。かつて弁才天を祀り、現在は豊玉毘古命(とよたまひこのみこと)を祀る、浜のシンボルだそうです。

みなさんも、出雲大社を参拝するのであれば、神様達と同じルートを辿ってみるとひときわビッグなご利益も更に期待できるかもしれません。

ちなみに、「清めの砂(お清めが済んだ砂ですね)」は家の周りに撒いたり、部屋において災難よけにしたりするそうです。


P1000404.JPG


なんか取れた写真は全部きれいなのですが、これは浜がきれいだからなのですよ。 ぜひ行ってください。
posted by せこ吉 at 02:44 | Comment(2) | TrackBack(0) | パワースポットの楽しみ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする