このブログで皆様の行きたいパワースポットが見つかることをお祈りしております。
皆様によきことが雪崩のごとく起きますように。



芽吹神社60%.jpg
日本橋のパワースポット 芽吹神社です









2013年05月26日

東京の秘境パワースポット:日原鍾乳洞と一石山神社

日原鍾乳洞と一石山神社をセットでご紹介します。東京のパワースポット@せこ吉でございます。最近、東京のパワースポットの紹介が少なかったです。今回はなんと東京のパワースポットです。 東京は東京なのですが・・・・多摩丘陵の山の中

奥多摩駅から鍾乳洞へ路線バスが出ているそうなのですが、自動車で行きました。「車でちょっと走るだけでパワースポットに行けちゃう」ブログですから、私は車で行くのが好きなのですよ。

道順を簡略すると青梅街道から行くのですが、青梅街道沿いの奥多摩駅から日原川沿いに上流へ向かって走りました。日原鍾乳洞まで行く道は、東京とは思えない山深き道を行きます。まるで中国の水墨画のような岩の柱です。

途中、鉱山採掘のトロッコレールの下をくぐり、切り立った日原渓谷を進んで日原鍾乳洞のあたりまで行くと、ここにも奇岩が屹立おります。後に調べたのですがこれが梵天岩で梵天(御幣)の形に似ていることからその名があるそうです。


東京は思えない秘境日原ですが、ここは奥多摩の奥、まさに奥奥多摩で、山を越えれば、三峯神社 とか秩父神社とかがある奥秩父なわけですから、ここが東京とは思えないくらい秘境なのです。


さあ、続きましては、鍾乳洞に行く前に、この日原鍾乳洞を御神体とする神社があります。
これが一石山神社です。
御祭神は天照大神、稜威尾走命 すぐそばにある日原鍾乳洞を御神体とする神社で、
かつては鍾乳洞に対する拝殿の役割をしていました。明治に廃仏毀釈される前は、上野の寛永寺 の末寺で、修験者を中心にたくさんの崇敬者が訪れていました。

一石山神社はかつては一石山大権現の名で通っており、役行者が創始、弘法大師が中興、慈覚大師が再興した山岳仏教系の霊場と言われているそうです。

この日は暑かったので一石山神社の「神明水」をいただきました。崖から湧き出る水が竹の切り口に集められチョロチョロと流れています。この水ですが、ヨーロッパのミネラルウォーターのように硬水の味がします。ボル○ックのようなちょっと苦いのですね。この水が冷たくてうまい! ペットボトルにいただいて帰りました。つまり「お水取り」ですね。
最近はO-157とかばい菌、ウイルスの関係で飲料が禁止されている井戸がありますが、飲めるかどうか皆さん確認してから飲んでください。

日原鍾乳洞ですが、入場料が500円くらい取られました。鍾乳洞の内部は夏なのに涼しーです。「弘法大師学問所」などの見所がありますが、なんといっても夏なのに涼しいところがたまりません。



これから暑くなりますね。日原鍾乳洞と一石山神社はお水取りにも最高です。ブログランキングに投票

posted by せこ吉 at 11:54 | Comment(4) | TrackBack(0) | 東京のパワースポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする