このブログで皆様の行きたいパワースポットが見つかることをお祈りしております。
皆様によきことが雪崩のごとく起きますように。



芽吹神社60%.jpg
日本橋のパワースポット 芽吹神社です









2012年11月03日

すごいパワースポットは参拝者もすごい

皆様、だんだん秋らしくなってきましたがいかがお過ごしですか。東京のパワースポット@せこ吉でございます。

以前、パワースポットのパワーが弱くなっている?という記事で毎年恒例のパワースポットにお札をいただきに遠出しています。お札の使用期限は1年で、毎年新しいものに交換すると、神様も新しい家が手に入り、あなたの家で過ごしやすくなります。


まだ、そのパワースポットが殆ど知られていなかった時のことです。
私は嫁を連れてドライブで山の中の神社に行ったのですが、舗装はされているものの、地図にも載っていないような道で、本当にこの道でいいのかドキドキしながら細い山道を進んだような記憶があります。その時はカーナビも持っていなかったこともありまして、薄暗くて長い山道を少し不安に思いながら進んでいきました。


山道をどんどん進んでいくと、林道に似つかわしくないベンツが止まっています。「こんなところに何しに来たんだろー」と思っていると、その横に、今にも倒れそうな神社の看板が木の脇に立てかけられています。ベンツの方も神社に参拝に来たのでしょう。

そこから、車を降りて少し歩くと・・・・樹木の間から、神社の鳥居が見えてきます。その周りの木を見ると紙垂(しで)(紙垂って神社の木などにつけられている紙でできたヒラヒラのことね)がつけられており、その木を通り過ぎると・・・・・すごく厳しい気を感じました。 

神社ではベンツの持ち主らしき中年のカップルが参拝しており、そのほか誰もいません。 社務所も運動会で使うテントが土日だけ社務所になっていたようです。神社自体も本殿は小さいものでしたがとにかく、その気の強さと厳格さだけは覚えております。 なんか、「ごめんなさい」と行ってしまいそうなそんな雰囲気・・・安易に紹介すると神様に怒られそうなので、一応名前は伏せておきます。


参拝を終えて山道を車まで登っていくと、神社の参拝でしょうか若いカップルとすれ違いました。ジーンズにジャケットで都会的な服装だったのを覚えています。 自分の車に戻ってみると、すでにベンツはその場にはなく、そのベンツのあったところには・・・・・

ポ、ポ、ポルシェが止まっているではありませんか。

まあ、お金持ちは、金に対する嗅覚も鋭いのと同時に、運に対する嗅覚もするどいのでしょう。

その時に、その神社は本当にすごい神社なのだと確信しました。(何でそんなことで・・・・)


わし、カローラで参拝したのだけど・・・・ ブログランキングに投票

posted by せこ吉 at 03:17 | Comment(8) | TrackBack(0) | パワースポットの楽しみ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする