このブログで皆様の行きたいパワースポットが見つかることをお祈りしております。
皆様によきことが雪崩のごとく起きますように。



今戸神社 本殿30%









2017年01月01日

お子様連れにお勧めの初詣 鷲神神社餅つき大会

みなさまあけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。


お子様連れで初詣に行かれる方、1月7日の浅草鷲神社で催される「餅つき大会」に参加されてはいかがでしょうか。

鷲神社は浅草の七福神の一つで、下の9つのお寺と神社が浅草名所七福神と言われております。
1 浅草神社(恵比須)
2 浅草寺(大黒天)
3 矢先稲荷神社(福禄寿)
4 鷲神社(寿老人)
5 吉原神社(弁財天)
6 橋場不動尊(布袋尊)
7 石浜神社(寿老神)
8 今戸神社(福禄寿)
9 待乳山聖天(毘沙門天)


鷲神社は浅草寺から歩いて10分程度の距離で、地下鉄日比谷線の入谷駅からだともう少し近いです。新年の浅草を散策しながら遠回りして鷲神社まで行くのも楽しいですね。

日時は、2017年1月7日 10:00〜15:00
餅つき大会は10時スタートで、先着500名になっています。
餅つき大会だけでなく、大道芸と鷹舞い、七草粥の炊き出し、フリーマーケット、縁日、抽選会などが開催されるので、お餅以外にも楽しむものがあって子供連れの家族も楽しく過ごせます。
おもちは先着500名ですが、料金は無料で楽しめます!
HPに乗っているチラシを印刷すれば「お楽しみ引換券」と「ゲームプレー券」がついてくるので、事前にプリントアウトしておきましょう。


下のリンクから鷲神社のHPに行って【お楽しみ引換券】と【ゲームプレー券】をプリントアウトできます。 
鷲神社HPへ


寒さには十分注意して出かけてください。 今年も皆様によきことが、雪崩のごとく起きますように。 ブログランキングに投票
posted by せこ吉 at 20:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京のパワースポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月09日

大宮氷川神社 大湯祭(十日市) 2016年

2016年12月10日(土)は大宮氷川神社の十日市(とおかまち)が開催されます! 十日市とは武蔵一宮氷川神社の神事「大湯祭」にあわせて行われる伝統の酉の市です。

この日、神社で授与される開運、家内安全の御神徳の福熊手を求めて大勢の参拝者でにぎわいます。大宮駅の東口側を出て、通りを抜けると屋台が出ています。二の鳥居から氷川神社入り口近くの三の鳥居辺りが一番屋台も多く、賑わっています。夜が一番混みますので、歩くのも苦労するほどの賑わいです。熊手、羽子板、破魔矢、招き猫、だるま、門松、鏡餅、食べ物などの露店が、1000店以上も立ち並び、威勢のよい手締めと拍手も聞けて、更に盛り上がります。縁起物や正月用品を求める人々で夜遅くまで賑わいます。


熊手の買い方ですが、縁起物ですので一応値切りますが、その分ご祝儀としてお店に渡すのが「粋な買い方」です。
熊手、だるまの値切り方

買った破魔矢や、熊手の飾り方はこちら↓
買った破魔矢、熊手の飾り方の飾り方



2016年の予定ですが、11月30日から12月9日までを前斎、12月10日を本斎、12月11日を後斎とした12日間にわたる長い祭典です。神社のご社頭でも、大湯祭当日のみの授与品(買うのですが)があります。つまり、1年のうち、大湯祭当日のみ手に入る限定商品です。

当日は電車は通常通り運行していると思いますが、自動車は交通規制などがありますので、注意してください。詳しくはさいたま観光国際協会HPを見てください。↓
http://www.stib.jp/event/data/tokamachi.html



イカ焼きをつまみに、別の屋台で熱燗というのも楽しみですな。 ブログランキングに投票
posted by せこ吉 at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 関東のパワースポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

芽吹神社(福徳神社)三井不動産で神様が出てくる神社

最近日本橋COREDO室町の近くに用事がありまして、この近くを通ったところ、なんか見たことのある神社を見かけました。

IMG_0684.JPG

IMG_0682.JPG

三井不動産のCMでやっていた、都会のど真ん中で神様がでてくる神社ですね。このCMの出てくる神社はどこかと思っていたのですが、こんなところにあるとは・・・
早速お参りしてきました。



この神社、CMのノボリには福徳神社とありますが、別名芽吹神社と申します。

主祭神は以下の通りです。
倉稲魂命〈うかのみたまのみこと〉
… 五穀主宰の神。日本書紀では倉稲魂命、古事記では宇迦之御魂神と表記する。
相殿
天穂日命〈あめのほひのみこと〉
 … 天孫降臨に先立ち大国主命と和す。
大己貴命〈おおむなちのみこと〉
 … 出雲の首長である大国主命の若い頃の名前。
   大国主の命は多くの別名を持つが、これは神徳の高さを現している。
少名彦命〈すくなひこなのみこと〉
 … 医薬・温泉・酒造の神。武将の崇敬あつし。
事代主命〈ことしろぬしのみこと〉
 …大国主命の子物事よく知る神。国土経営に努む。
三穂津媛命〈みほつひめのみこと〉

福徳神社は東京・日本橋室町にあり、いつ創建されたのかははっきりしてないそうですが、貞観年間(今から1100年くらい前)にはその辺りに鎮座しており、江戸城を造ったことでおなじみの太田道灌や、江戸幕府初代将軍の徳川家もお参りに訪れた、歴史のある神社です。
 ところが、三井不動産が室町地区の再開発をするにあたり、その一区画をあえてビルを建てず、神社と鎮守の杜を造って都会の中の癒しの空間として、福徳神社も再開発計画の一部に組み込んだそうです。COREDO室町など新しいビルが次々と建ちましたが、昨年の10月に、新しい境内と社殿を完成させ、さらに隣接地には「福徳の森」を造成するそうです。

江戸幕府2代将軍の徳川秀忠もこの神社にお参りに来て、その時「福徳とはまことにめでたい神号である」と言って褒め、椚(クヌギ)の皮つきの鳥居に春の若芽が萌え出たのを見て、この神社に「芽吹神社」と名付けられたそうです。
それにあやかって神社では「芽吹き守り」というのも授与されていて、CMでもあったように、新しい門出や新しいことを始める人のご利益になっているそうなのです。



私はこの2つのCMが大好きで、今も都会のど真ん中の、銀座、新宿、日本橋などのちょっと裏道に入ると多くの神社が見られるのですが、忙しい都会の神社にもこのCMのように、神様が私たちを見守ってくださっているのではないかと思ってます。


日本橋に行ったら、寄ってみてください。清潔で都会に溶け込んだ癒しの空間です。 ブログランキングに投票


posted by せこ吉 at 19:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | 東京のパワースポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする